【動物】ブラジルで「幻の白いバク」の撮影に成功(画像あり)[2015/03/25]

1: それなり◆XonGXAywZYD. 2015/03/25(水)16:26:12 ID:RlQ

ブラジルの熱帯雨林で、「幻の白いバク」の撮影に写真家が成功。
現地では「白いバクが出る」と噂されていた。
アルビノのバクは非常に珍しいという。
ナショナルジオグラフィック報じる。
以下、本文から一部抜粋。

(画像ページ)
ph_thumb

ブラジル南東部にある熱帯雨林で地元の人々に目撃され、伝説になっていた白いバクの撮影に、ナショナル ジオグラフィック誌に寄稿する写真家ルシアーノ・カンディザーニが成功した。

アルビノの動物は、自然に起こる遺伝子の突然変異によって色素が欠如し、毛は白く、眼は赤みを帯びたピンク色となる。

アルビノのバクは、生息地である南米の熱帯雨林でもめったに見られない。
体長1.8メートル、体重200キロ以上にもなるバクは、ブラジル最大の陸生哺乳類だ。
警戒心が強く、群れを形成しない草食動物のバクは、ゾウに似た柔らかい鼻をもつことでも知られ、この鼻で高い枝の葉や果実をつかむことができる。
また、長い鼻は泳ぐときにシュノーケルとしても役立つ。
泳ぎがうまく、涼んだり外敵から逃れたりするために水の中に入る習性がある。

だが、バクも狩猟や森林伐採といった脅威にさらされている。
東南アジアのマレーバクを含め、現生する4種はどれも個体数が減少している。

珍しい動物を撮影できて幸運だったとカンディザーニ。
アルビノのバクを撮影してから、彼は同じエリアにカメラトラップをさらに設置し、他にも、ヤブイヌなどめったにお目にかかれない南米の動物の撮影に成功している。
「ブラジル大西洋岸の森林は危機にありますが、まだまだ科学に驚きをもたらす可能性を秘めています」とカンディザーニは付け加えた。

詳細は下記ソースまで。
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/032400013/

2: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)16:33:51 ID:DT8

アルビノの動物は裸に見えてちょっと不気味だな。

4: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)16:35:56 ID:mjN
>>2
アルビノでも股間のブツはどす黒いんだな。

5: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)17:33:42 ID:V4T
>>2
夢に出るな

7: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)18:22:30 ID:BTd
>>2
なんか気持ち悪い

3: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)16:35:43 ID:zwO
白いバイクに見えてオカルト話かと思った

6: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)17:44:29 ID:EM7
白昼夢を食うのかな?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

おすすめ関連記事
おすすめ関連記事