恐竜か原始的な鳥の化石と結論付けられていた卵の中からトカゲの胚 約1億2500万年前のもので最古

1: ( ´`ω´) ★@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 13:14:48.41 ID:???.net

恐竜や原始的な鳥の胚を宿していると長らく考えられていた小さな卵の化石の内部に、実際はふ化する前のトカゲが入っていたとする研究結果が15日、米オンライン科学誌プロスワン(PLOS ONE)で発表された。これまで発見されたものでは、最も古いという。

r0300023※画像はイメージです(本文と関係御座いません)

卵は2003年、タイで複数個発見された。約1億2500万年前のもので、1ユーロ硬貨、またはスズメの卵ほどの大きさだ。トカゲにはめずらしい硬い殻で、当初の調査では小型の肉食恐竜か、原始的な鳥の卵と結論付けられていた。

3172320※画像はイメージです(本文と関係御座いません)

これに納得しなかった国際研究チームが、フランス・グルノーブル(Grenoble)の欧州シンクロトロン放射光施設(European Synchrotron Radiation Facility、ESRF)の高解像度、超高輝度のX線を使って、卵の内部を調べた。

long-lizard-eggs-hatch_a1c9939d4b3476a0※画像はイメージです(本文と関係御座いません)

6つの隆起に覆われた殻の内部の微小な骨の詳細を観察し、その骨格を3Dで再現した結果、口先のとがった細長い頭蓋骨と、トカゲ科で見られる方形骨を持つ、「これまで未知のトカゲ」の姿が見つかった。

ESRFは声明で、「これらの胚は恐竜のものでも鳥のものでもなく、anguimorphと呼ばれるトカゲのグループのものだ」と述べている。

■卵の化石からトカゲの胚、これまでで最古 研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3054653
http://www.afpbb.com/ AFPBB News (2015年07月16日 10:37) 発信地:パリ/フランス

Evidence of Egg Diversity in Squamate Evolution from Cretaceous Anguimorph Embryos
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0128610

欧州シンクロトロン放射光施設(European Synchrotron Radiation Facility、ESRF)
A tough egg to crack – oldest lizard embryos discovered in fossil eggs
http://www.esrf.eu/home/news/general/content-news/general/a-tough-egg-to-crack—oldest-lizard-embryos-discovered-in-fossil-eggs.html


スポンサーリンク

胚(はい、独,英: Embryo)とは多細胞生物の個体発生におけるごく初期の段階の個体を指す。胚子ともいう。

2: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 13:30:53.19 ID:uD5q2SoI.net
成長したら恐竜になったんだよ

3: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 13:41:43.78 ID:IB1VmJp2.net

PCは凄いことが出来るんだね。改めて凄いわ。

4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 13:57:50.57 ID:DZICCtQX.net

恐竜の卵化石は多いけど、中身が残っていて、親の種(というか属か)が特定されているものは少ないね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

おすすめ関連記事
おすすめ関連記事