人を襲い殺害した子連れの母グマの安楽死処分決定に批判殺到 国際的な論争を起こすことに 米イエローストーン国立公園

1: ◆HeartexiTw 胸のときめき ★ 2015/08/25(火) 08:25:36.45 ID:???*.net

米国のイエローストーン国立公園で子連れの母グマがハイカーを殺した。人を襲ったクマを生かすか、処分するか。公園の責任者は難しい判断を迫られた。

ph_thumbイエローストーン国立公園のハイイログマ。ハイカーを殺したとされる母グマは、先週安楽死させられた。(Photograph by Michael T. Sedam, Corbis)

先週から、同公園のオフィスには最高責任者のダン・ウェンク氏を「冷酷な処刑人」と呼ぶメールや電話が殺到している。その多くは野生生物を愛するがゆえに、ある母グマを救おうと、公園の決定を激しく非難するものだ。

著名な霊長類学者で、イエローストーンのハイイログマ(グリズリー)を愛してやまないジェーン・グドール氏も、英国からウェンク氏にメッセージを送った。不幸にもハイカーと遭遇し、国際的な論争を起こすことになった母グマを助けてほしいと要請したのだ。

「国立公園局で40年間働いてきましたが、クマの処分の是非を巡る反応がこれほど感情的に、大量に寄せられたことはありません」とウェンク氏は話し、部下たちもこの件で精神的にまいっていると認めた。

今回の事故で犠牲になったのは、モンタナ州ビリングズに住む男性ランス・クロスビーさん(63)だ。夏の間、医務員としてイエローストーンで働いていたクロスビーさんだが、8月7日、公園内のエレファント・バック・ループ・トレイル付近で亡くなっているのが見つかった。公園の中央あたり、イエローストーン湖の西側を斜面に沿って歩くルートだ。子連れのハイイログマに襲われて致命傷を負い、遺体は一部が食べられていた。

発見直後の捜査員からの報告や、その後行われたDNA鑑定や法医学上の証拠から、クロスビーさんはトレイル外を散策中に襲われたことが分かった。また、攻撃的なクマに対する防御手段として効力を発揮する催涙スプレーも携帯していなかった。

クロスビーさんが行方不明になった後、捜索隊は彼の遺体を泥の小山の下で発見した。獲物をあとで食べるために蓄えておくのは、クマによくある行動だ。

問題は、なぜ今回の事件が起こったかだ。このクマは、本当に恐ろしい人食い動物だったのだろうか。

02パークレンジャーが被害者の遺体を発見したのは、イエローストーン湖の近く。エレファント・バック・ループ・トレイルからほど近い、人気のバックカントリーエリアだった。8月9日、トレイルの入り口は一時的に封鎖された。(Photograph by Jim Urquhart, Reuters/Corbis)

クマへの「裁き」をめぐって

これまで大きな問題を起こしたことなど全くなかった人気の動物に、「死刑判決」を言い渡すか否か。公園の最高責任者であるウェンク氏は突如として、たった1人で重大な判断を下さなければならない立場に追いやられた。

先週、ウェンク氏は、証拠を検討しクマ管理の専門家とも相談した結果、物議を醸すことになるであろう対応を8月14日に決定したと話した。それは、クロスビーさんを襲った疑いのある母グマを殺処分し、その子グマたちをオハイオ州のトレド動物園に送るというものだった。

「最初のプレスリリースでも、被害者が食べられていたことが分かれば、クマを安楽死させることも考えていると発表していました」とウェンク氏は話した。

野生生物の写真家たちは、この母グマを背中に白い毛の筋があったことから「ブレーズ」(閃光)と呼んでいた。その生死が決まるまでの7日間で、一般の人々の関心は一気に高まった。ウェンク氏の決定への懸念は、ソーシャルメディアによってさらに拡散。7月に、ジンバブエのライオン「セシル」が米国のトロフィーハンターによって違法に射殺された際と同様の反響があった。

議論に加わった何千人もの人々の多くは、クマの殺処分に反対した。ハイイログマの縄張りだと分かっているイエローストーンでのトレッキングは自己責任なのだから、クマと遭遇して命を落としたとしても、クマに危害が加えられるべきではないという理由だ。一方、被害者を擁護する人々は、クマを安楽死させるべきだと強く主張した。

ウェンク氏はこの激しい論争の渦中に放り込まれた。2011年から同公園の最高責任者を務める彼は、野生生物の強力な代弁者として知られている。著名な環境保護論者ダグ・ピーコック氏は、発信器付き首輪を付けるなどしてクマを解放すべきだったとしてウェンク氏を批判している。行動を追跡できれば、新たな犠牲者が出る不安を緩和できるからだ。ウェンク氏は、それは非現実的で、安全を保証できるものにはなり得ないと反論している。

過去の実例

ウェンク氏の反論は、実は経験に基づいたものだ。クマ擁護派が求めているのと同じ対応を、ウェンク氏はほんの数年前に実行している。イエローストーンで、あるハイイログマの殺処分を見送ったのだ。2011年、研究者に「ワピチ」と呼ばれていた子連れのハイイログマが、ハイカーのブライアン・マタヨシさんを襲った。クマに遭遇したマタヨシさん夫婦がつい走って逃げてしまったため、ハイイログマは反射的に追いかけて攻撃に出た。

恐怖に身をすくませた夫人の目の前で、マタヨシさんは殺されてしまった。ところが、母グマは彼を食べなかった。この襲撃は子グマを連れた母グマが見せる典型的な行動であるため、ウェンク氏は「ワピチ」と子グマたちを生かしておいた。

 だが2カ月後、約13キロ離れたイエローストーンのヘイデン・バレーで、トレイルを1人で歩いていたハイカー、ジョン・ウォレスさんが殺され、遺体の一部が食べられていた。DNA鑑定の結果、どちらの遭遇現場にも「ワピチ」と子グマ1頭がいたことが判明。さらに、ウォレスさんの遺体をあさったハイイログマが他にも6頭以上いたことがわかった。

ウェンク氏は「人間の安全よりクマの命を優先した」という激しい非難にさらされ、職を失いかけた。「最初の事故の後、『ワピチ』を生かすという判断をしたのは適切だったと思っています。今回の事故に関しても、公園側は正しい判断をしたと確信しています」と、ウェンク氏は話した。

2011年の悩ましい経緯を聞いたジェーン・グドール氏は、ためらいつつも「ウェンク氏が決断するに至った根拠は理解できます」と語った。もし再び悲劇が起こり、公園を訪れた人がブレーズに殺されるようなことがあれば波紋を呼ぶだろう。ハイイログマに関心のない政治家からは非難が噴出し、それにより一般市民の不安がさらに増し、イエローストーンに生息するハイイログマへの厳しい対応につながる可能性がある。

「私に言えるのは、クマは何が食糧になるかをいったん知れば、決して忘れないということです」と語るのは、イエローストーンでハイイログマ研究チームを数十年にわたって主導した元研究者のデイビッド・マットソン氏だ。マットソン氏は、もし母グマが人間を食糧源と認識すれば、子グマにもそう教える可能性があると指摘する。

「私はクマの保護に尽力し、クマの縄張りでのハイキングには危険が伴うと主張してきましたが」とマットソン氏は話す。「それでもウェンク氏の判断は、用心に用心を重ねるものとして理解できます」

母子の重要性

子グマを連れた母グマは、クマの個体数にとって非常に重要な存在だ。母と子のグループが年に数パーセント失われただけで、個体数が大きく左右される。最も大きな影響は、繁殖率の低下に表れる。

ワイオミング州ジャクソンホールに生息する19歳のハイイログマ「399」の事例は無視できない。世界中で人気のあった「399」は10年近く前、3頭の子グマとともに、ティートン山脈の麓にあるジャクソン湖付近で1人のハイカーを襲った。事件後、「399」と子グマたちを処分しないという判断がなされた。その後、「399」から生まれた子や孫は計15頭にのぼる。不幸にも、そのうち4分の3は死んでしまったが、その多くは人間との遭遇によるものだった。車にはねられる、大物を狙うハンターによって違法に殺される、家畜を襲ったため殺処分される、都市部に近づきすぎたため安楽死させられるといった理由だ。

03子グマを連れたメスのクマ。イエローストーンにおけるクマの個体数の動向は、このようなメスの生殖能力にかかっている。(Photograph by Steve Hinch, Solent News/Rex Features/AP)

悲嘆から前進へ

イエローストーンで先週処分された母グマも「399」とほぼ同じ年齢で、事故の際に連れていた2頭以外にも、数頭の子を産んでいた。

人とクマとの共存を目指して活動する団体「People and Carnivores」に協力している科学者、スティーブ・プリム氏は、「今回の事故現場で何が起こったのか、完全に把握する方法はありません」と話す。「得られているのは、単独で、護身用具を持たないハイカーが、ハイイログマの母子に遭遇した、というわずかな事実のみです。ハイイログマは完全に捕食が目的で襲ったのか、それとも身を守ろうとして結果的に致命傷を与えたのでしょうか?後者だとしたら、クマがハイカーの遺体を食べたのは驚くべきことなのでしょうか?」

今になって議論で勝ち負けを競ったり、ウェンク氏を悪者扱いしたりしても、得るものはないとプリム氏は指摘する。「むしろ我々は、この件でなぜこんなに心が痛むのかを考える必要があるのかもしれません。この深い心痛にヒントがあります。こうした感情に健全に対処する一番の方法は、現実を踏まえて、ハイイログマの管理に関して実現可能な改善策を見つけていくことです」

もう1つ、ウェンク氏が今回の件で目を見張ったのは、自然を愛する人々が発する懸念の声を広く拡散させた、ソーシャルメディアの力だ。彼のオフィスで、「あなたの判断に寄せられた人々の反応をどう感じたか」と尋ねてみた。

「どれも率直な意見であり、この仕事をしている限りは全て受け止める必要があります」とウェンク氏。「イエローストーンが人々にこんなにも強い感情を呼び起こし、また、人々がハイイログマのために声を上げるべきだと感じたというのは喜ばしいことです。慌ただしいこの社会には、無関心という病が蔓延しています。そんな中で、多くの人がこの公園を気に掛けてくれたことに感動を覚えました。イエローストーンも、そこに生きるハイイログマも、いかに重要な存在であるかが示されたのです」

文=Todd Wilkinson/訳=高野夏美

*+*+ NATIONAL GEOGRAPHIC +*+*
http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/15/a/082400028/


スポンサーリンク

160: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:39:19.41 ID:tE9ZtvkW0.net
>>1
襲われた人が判断すればよろしい

187: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:06:33.53 ID:JCTY19Vm0.net

>>1
昔の日本のように荒ぶる神の領域というものを作るべきなんだよ。そこには決して人間は入っちゃならない。人間の領域に入った熊には死を神の領域に入った人間も同様

2: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:27:14.65 ID:E2ZYDthi0.net
子供を守ろうとした母をぬっ殺すとかエゴだよね

4: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:28:38.82 ID:4OyAGGX50.net
じゃぁクマの立場から見たらクマを襲った人間も殺されて文句言えないよね

101: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:55:48.01 ID:ArpExJkO0.net
>>4
ルールが無いところは弱肉強食の世界だからね

6: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:30:08.74 ID:j/b80U1A0.net
強いモノがルール

7: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:30:10.43 ID:0jnOlh+c0.net
私はお母さんを支持します

8: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:30:11.32 ID:1o3h0IFp0.net
魚を食べた人間も殺されるべき?

9: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:30:17.22 ID:70/Pbe5I0.net

殺すのは仕方ないけど一対一で。銃は持っていいから「魂が勃起する」とかいって頑張って仕留めて、その後チタタプして二瓶ゴハンにして食べればいい

197: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:20:39.29 ID:oTZpmS9x0.net
>>146
「ゴールデンカムイ」というヤンジャンに掲載されてる漫画のネタだよ

10: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:31:05.02 ID:19EVxiir0.net
野生動物が人を襲った時の賠償を愛好家達が責任もってすべて行うっていうなら放置でいんじゃね

13: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:32:45.52 ID:w/eyp8bU0.net
襲ったじゃなくて、食ったかどうかが問題だろ

17: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:39:31.13 ID:HljyEN3c0.net
襲うとかがわからん
なんで逃げないんだろバカなのアホなの?

19: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:40:33.25 ID:70/Pbe5I0.net
人を襲った熊はウェンカムイになってしまうから殺すしか無いってアシリパさんも言ってたよ

23: !omikuji 2015/08/25(火) 08:41:48.06 ID:RWuDUfy50.net
敬意を持ったやり方で殺せばいいんじゃね?

25: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:42:59.34 ID:kWm6/s9E0.net
まあやむをえないでしょうねぇ
ハイキングの人と遭遇するなんて再発防止できそうに無いですもの

32: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:46:07.54 ID:Of0JodqD0.net
全部人間が勝手に線引きしてるだけだからな
どこにその勝手な線を引くかの論議も必要なんだろうけど何かなw

33: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:50:47.74 ID:INPgIh000.net
この殺されたハイカー、熊が出るってわかってる場所なのに
熊よけ対策何一つしてなかったんだよね
それとこの母熊がこの公園じゃ結構有名な熊だったから
子熊守っただけの母熊殺すなって声が上がってた

35: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:56:16.13 ID:aPqt+XtP0.net
他の生物を殺す理由はそれぞれあるわけで。
二次被害が一番少ない方法は何かを考えればよいのでは?

36: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 08:56:41.35 ID:Xf/0dMBz0.net
国立公園内だからな。人の味覚えるとまた襲うからな
しかしクマに襲われて生きたまま食われたくねぇ。怖すぎだろ

41: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:01:41.10 ID:rBUuCfcQ0.net
母熊は殺処分で子熊を保護飼育すればいい話

51: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:13:46.88 ID:7cwuEFzB0.net

母グマも子グマも殺してしまえばいい
人を襲う要素のある遺伝子は残してはならない
本当に臆病なクマは子グマを置き去りにして逃げてしまう

なんでクマが爪も牙も無い弱い動物である人間を避けてくれるかというと
世界中の先人達が人を襲ったクマを追跡して抹殺してくれたから
結果、本能的に人間を避ける臆病な個体が残った
アイヌもクマを神と崇めながら人が襲われたら悪神として始末していた

55: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:16:45.95 ID:K7rzOnnm0.net
北海道でクマが人里に下りてきて食べ物盗むニュースでコメントを求められたムツゴロウさんが、即座に射殺すべきと言ってたのを聞いて、この人はホンモノだと思ったわ

57: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:19:13.96 ID:4FPCRWnP0.net
熊の住処を破壊しまくった人間が全滅すればいちばん良いんだけどね

61: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:24:38.86 ID:fW6ohkxt0.net
なんか最近の動物愛護っておかしい
大前提として人間が一番って常識が崩れかけてる
そこを間違えたら人間、生物としてそのほうが傲慢だろう

75: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:32:24.58 ID:d4ttQHMI0.net
キチガイ無罪って言葉があるだろ。
クーマは責任能力問えないんだから
無罪放免が筋

77: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:34:43.18 ID:7YPIbDoW0.net
まあ、自分が襲われる怖さを知ると、あっという間に殺害派に変わるんですけどねw

79: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:38:39.61 ID:kLbdTvHI0.net
殺すこたーねえだろ
とっ捕まえて殺人熊としてどっかの動物園にでも送れば
いい宣伝になるし物好きが見に来るよ

82: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:40:17.18 ID:RTXSm+We0.net
毎日、何の罪もない牛を何頭殺してるんだよてめーら

83: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:40:28.08 ID:zTHcZdLr0.net
アメリカみたいな広い国土の国で、わざわざ熊の生息地に入るって時点で、ハイカーはアホ。

93: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:49:47.00 ID:htLgTz7k0.net
なにこのずれた価値観は…
野生動物の生息する場所へ自分から入っていって襲われたとか…
それくらいは想定しろってことだよ。
熊殺していいか?とかどんだけご都合主義なのか…
そっとしといてやれよ。

96: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:53:03.77 ID:AXIA0RDW0.net
クリスチャンの国でこんなくだらない議論が起こるのは不思議

97: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:53:42.19 ID:ynUPnHnl0.net
サメだったら四の五の言わずに殺してんじゃないの?

104: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:56:36.00 ID:hLBY0hJm0.net
>>97
サメはクマより知能が低いからな。

98: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:53:56.14 ID:4HN0K6xM0.net

なにも殺さず公園内に監獄作って収容すればいいと思うのだが....

クマ牧場ってアメリカにないのかな?

105: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:57:09.81 ID:ynUPnHnl0.net
自然界のルールによれば今回クマが殺されてもしょうがない。クマが死にたくなければ逃げ切らんと

107: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 09:58:03.44 ID:tnQen8fE0.net
東京都の4倍、四国の1/2に匹敵する広さを誇る広大な自然公園深くに踏み込んだハイカーがクマに殺されたってそりゃハイカーの自業自得だろ。日本であるような人里に降りてきたクマが人を襲うような話とは根本的に違う

113: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:01:41.80 ID:ynUPnHnl0.net
笑えるよな、あんだけドンパチやってる国がクマ殺すのはかわいそうって。

116: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:04:04.49 ID:3BhYbalV0.net
>>113
心のバランスが必要なんだろ
利益の為なら幾らでも殺すけど、人事なら慈悲の心w

117: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:04:53.49 ID:70/Pbe5I0.net
「殺す」ではなく「送り返す」という考え方なら無問題

136: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:14:15.25 ID:ofAFl2ka0.net
処分一択だろ
人と獣の境界地では普通のこと
可哀想とか言う奴は、そういう危険からかけ離れた安全地帯にいる偽善者

137: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:14:34.33 ID:G5rkAT300.net
日本なら問答無用で子熊もろとも銃殺刑なんだけどね

142: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:17:44.02 ID:1rlcT9l/0.net
アフリカとかにライオン撮影にいって食われたらそのライオンは処分されるの?

155: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:31:28.94 ID:hLBY0hJm0.net
そもそも人類の進化の歴史でも同じ原始的な人類を殺して今現在君臨してるのがホモサピエンス。クマを殺すことに躊躇するのは自分の存在を否定してるのと同じだろう。今すぐ絶滅すべきじゃないの。

172: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:47:05.76 ID:ttn01a6p0.net
4年前の日系人のときと違って、今回は一部を喰ってるんだよな。頭いいし人間の味を覚えたなら殺しとくべきだろう。人間はそこらの野生動物より狩りやすいからな。

174: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:48:49.80 ID:vA6yW5Ah0.net
普通の野生の熊は人を恐れる。だから、人の気配を感じたら隠れる。しかし子連れの場合、小熊を守るため人を襲ってしまう事故が起きてしまう。問題は人を殺した熊は人を恐れなくなってしまうこと。人よりも己が強いことを知ってしまったからだ。そうすると、人がもっている食べ物を奪おうとしたり、人里に近づいたりしてしまうんだ。そうなったらもう害獣として駆除する以外はない。可哀想だの感情論の入る余地はないんだ。

177: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 10:50:58.32 ID:uXymqv8DO.net
生類憐れみの令という悪法が生まれるかも知れない、時の権力者の思い付きで殺生を禁止するな

190: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:09:12.96 ID:WAyntbPT0.net
このハイカーは別に小熊を襲うつもりなんてなかったんだろ
なら話も聞かずに襲い掛かってきたクマが悪い
さっさと殺すべき

194: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:16:54.77 ID:cTCMUHfE0.net
娯楽で狩猟する白人どもが何で今後の安全のために熊を殺すことを躊躇うのか理解不能

211: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:30:40.53 ID:NusNWs0W0.net
でも熊は自分の物だと思った餌に執着する
人を襲って味を覚えたら、以後ずっと人を襲うよ
葬式中に遺体を取り返しに来るのが熊だぞ?

215: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:32:53.05 ID:N8NJL0C70.net
>>211
クマっつーか、ヒグマがその傾向が強い
三毛別の事件の内容を読むだけでも戦慄すっからなー

213: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:31:26.01 ID:/SVR+Jv+0.net
クマが生息するような自然があるからハイキングするんだろ?
野生生物駆除して安全にしたいなら街中で散歩しとけ

219: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:36:57.28 ID:UOwsdgE10.net
しかし日本でオオカミは絶滅したのに、クマが絶滅しなかった
のはなんでだろうか?

226: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:39:49.84 ID:oTZpmS9x0.net

>>219
狼は肉食だけど熊は雑食なので、家畜への被害が狼より小さかったんじゃね?

だから狼ほど積極的に駆除されなかったんだと思う。

228: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:40:23.38 ID:1exesNc80.net
>>219
オオカミが捕食する野ウサギもいなくなったことが原因

232: 名無しさん@1周年 2015/08/25(火) 11:45:35.31 ID:1jalbW6E0.net
ただ殺すから批判が出るんだよ
熊鍋にして遺族に振舞えば良い
食ったら食われるという大自然の摂理
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

おすすめ関連記事
おすすめ関連記事