【鎧竜】草食恐竜のアンキロサウルス類の足跡の化石発見 福井県勝山市の化石発掘調査

1: のっぺらー ★ 2015/09/07(月) 18:29:09.64 ID:???.net

福井県勝山市の県立恐竜博物館は7日、同市北谷町杉山の化石発掘調査で、草食恐竜のアンキロサウルス類(ヨロイ竜)の足跡化石が見つかったと発表した。国内では富山県に次いで2例目。同発掘現場では初めての発見で、恐竜の種類の多様性があらためて証明された。

Going_Home※画像はイメージです

発掘現場は杉山川左岸の約1億2千万年前(白亜紀前期)の手取層群北谷層。2013年度から行っている第4次調査の本年度調査で見つかった。

Ank※画像はイメージです

足跡化石は左前足で大きさは長さ25センチ、幅34・5センチ。肉球のような丸い五つの指先が半円状に配置するという同類の特徴を確認した。全長は約4~5メートルと推定されるという。

20150907173050_1026159258写真:発掘されたアンキロサウルス類の足跡化石

同博物館の東洋一特別館長は「アンキロサウルス類がここで生活していたのは間違いない。これから骨格化石が見つかる可能性は十分ある」と期待を込めた。これまでに獣脚類や竜脚類など多種の恐竜化石が見つかっており「勝山の恐竜の種類がさらに豊富になった」と話していた。

また、約3メートル×7メートルの地層面上に獣脚類の後ろ足6点、鳥脚類の後ろ足4点など計24点の足跡化石を発見。同地層面には水が流れていた跡もあり、水辺周辺の環境だったことも分かった。

そのほか、ゴキブリ類の羽3点(長さ5ミリ、幅3ミリなど)、甲虫類の羽4点(長さ7ミリ、幅2・5ミリなど)、昆虫の体節2点(長さ5ミリ、幅3・5ミリなど)など、北谷層では初となる昆虫化石計16点が見つかった。

以下ソース:福井新聞 2015年9月7日午後5時28分
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/dinosaur/79143.html


スポンサーリンク

3: やまとななしこ 2015/09/07(月) 18:38:49.83 ID:PonKEeJP.net
福井ジュラシックワールドに着手

4: やまとななしこ 2015/09/07(月) 18:49:10.24 ID:6hLOGxv8.net

福井の恐竜博物館では、化石発掘体験というのを時々やってるが、そこで歯の化石とか見つけても、博物館がボッシュートするんだよな。子どもに発見させておいて没収とか、なんだかねぇ。誰のためのイベントなんだとつくづく思うわ。外国の化石発掘地から見ればゴミしか出ない場所を無理やり盛り上げようとしてるから、イベントで子どもが発見した物でも平気で取り上げるんだよな。マジで糞だよ、ここは。本質が腐ってる

6: やまとななしこ 2015/09/07(月) 19:05:26.36 ID:Wt6yp3Oc.net
>>4
バカは黙ってろ

8: やまとななしこ 2015/09/07(月) 19:23:55.98 ID:CIMlHIJy.net
鎧竜って北米のイメージあったんだけどな
意外だわ

9: やまとななしこ 2015/09/07(月) 19:41:07.43 ID:3e2GGBi1.net
アンキロサウルス類って、白亜紀後期、北アメリカ大陸に生息していたのではないか。場所はともかく時代が合わないのだが、いいのかな。

10: やまとななしこ 2015/09/07(月) 20:05:18.44 ID:aCQEWi5s.net

東洋一(あずま、よういち)

博物館業界だから名前で随分得してきたんだろうな
両親に感謝だな

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

おすすめ関連記事
おすすめ関連記事