絶滅危惧種タスマニアデビルが急速な遺伝子進化で絶滅の危機から返り咲く~オーストラリア

1:  名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:26:10.90 ID:CAP_USER9

【8月31日 AFP】悪性の顔面腫瘍で個体数が大幅に減少したタスマニアデビルは、非常に急速な遺伝子進化を通して絶滅の危機から立ち直りつつあるとみられるとの驚くべき研究結果が30日、発表された。

オーストラリアのタスマニア(Tasmania)島にのみ生息する、イヌほどの大きさの夜行性の肉食有袋類で絶滅危惧種に指定されているタスマニアデビルについて、20年前に顔面腫瘍が発生した前後の294個体のゲノム(全遺伝情報)を詳細に比較した結果、ほんの4~6世代の間に、7個の遺伝子に種全体に及ぶ適応進化が起きていることが明らかになった。7個のうちの5個は、哺乳類の免疫力とがんへの抵抗力に関連する遺伝子だ。

英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ(Nature Communications)に掲載された研究論文の共同執筆者で、米ワシントン州立大学(Washington State University)のアンドリュー・ストーファー(Andrew Storfer)氏はAFPの取材に「タスマニアデビルは進化している」と語る。「特筆すべきことに、この進化は極めて急速だった」

環境や病気などの要因に対応した有益で持続する遺伝形質の獲得による生物種内の進化のプロセスは、長い時間をかけてゆっくり進行すると一般に考えられている。そのため研究チームは、種を救う可能性のある変化がまさに自分たちの目の前で起きているのを見て「うれしい驚き」を感じたという。

タスマニアデビルの顔面に増殖する奇妙な腫瘍に科学者らが最初に気づいたのは1996年のことだった。

img_d871aaf72063a49c14fc8d040c5ae65e153494

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の飼育施設で撮影したタスマニアデビル(2012年4月27日撮影、資料写真)。(c)AFP/GREG WOOD

img_da58192bf1045a76bf04a937580974b8149738

米カリフォルニア州のサンディエゴ動物園で撮影したタスマニアデビル(2015年1月13日撮影、資料写真)。(c)AFP/MARK RALSTON

■悪魔のような疾病

大半の悪性腫瘍とは異なり、この顔面腫瘍は伝染性で、互いのかみつき行為によって拡散していることが間もなく明らかになった。

このデビル顔面腫瘍性疾患(DFTD)を発症した個体は多くの場合、腫瘍の増殖によって餌をとることができなくなり、餓死する。

ストーファー氏は電話会見で「この病気の致死率は100%に近い。タスマニア島全体の95%に広まり、既知の個体群のほぼすべてに感染し、タスマニアデビルの個体数を全体で約80%減少させた」と述べた。

個体数はかつて25万匹を超えるほどだったが、現在野生の状態で残っている個体はわずか数千匹にすぎないと考えられている。

種の絶滅も予測されたタスマニアデビルがいまだに現存しているのはなぜかを解明するため、ストーファー氏らの研究チームは研究に着手し、20年以上にわたって収集された数千に及ぶ組織サンプルの遺伝子データを分析した。

論文の共同執筆者で米アイダホ大学(University of Idaho)のポール・ホーエンローエ(Paul Hohenlohe)氏によると、タスマニアデビルが「著しく急速に進化している」ことをこのデータは示しているという。「この疾患が最初に現れたのが1996年なので、わずか20年間というのは、特に哺乳類にとってはことのほか急速だ」

今回観察された遺伝子の変化が、実際にタスマニアデビルのDFTDに対する抵抗力を高めているかどうかについては、科学者らはまだ確証を得ていない。今回の研究で得られた情報はタスマニアデビルの飼育者らが予防的に作用する遺伝子変異を持つ個体を生産するために利用できる可能性もある。

「全体的に見て、今回観察されたタスマニアデビルの進化応答は、この動物の持続的な生存が期待できることを示唆している」と、論文の執筆者らは結論付けた。(c)AFP/Mariëtte Le Roux

顔面腫瘍で絶滅危機のタスマニアデビル、この20年で急速に進化か
AFPBB:2016年08月31日 10:40

http://www.afpbb.com/articles/-/3099211

スポンサーリンク

3: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:28:34.34 ID:eWFIGgwO0
そろそろガンに適応できるように進化した新人類の登場か

10: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:32:55.38 ID:cDBD+O0D0
>>3
むしろガンを発症するのが遺伝子の退化
OSでもクリーンインストールせずに使い続けたらエラーが増えるだろ

39: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:59:08.35 ID:gQZns9xU0
>>10
進化でしょ、長生きしすぎないように進化してるんだ

59: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:46:13.66 ID:P5XZKaG60
>>3
今隣の大国が国民で実験してるから

8: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:32:41.20 ID:welFhlMD0
カンガルーは殺して食うオージー

9: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:32:54.73 ID:/BJTJw0C0
やっぱり、オージーって何か実験やってるよな。

11: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:34:55.18 ID:wq1+cZMD0
何気にスゲーな
たまたま腫瘍に強い遺伝子持ってた固体が生き残って増えたなら普通だが、全体で遺伝子が変異したのかよ
まさしく適応進化じゃないの

29: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:48:34.76 ID:YWcWmFaB0
>>11
8割死んでるんだから特定の遺伝子を持ってなかったのが全滅しただけだろ

12: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:35:36.55 ID:FgNtl4su0
タスマニアデビル「ビッグダディや高畑裕太の繁殖力が羨ましいです」

16: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:37:07.47 ID:1Tt3cfJX0

進化は1個体で起こったものではなく集団としてだから、
適者生存で淘汰された結果だとしたら、そんなに驚くべき
変化だとは思えない。

例えば、朝鮮半島で朝鮮人が何世代かで中国人に置き代わっても進化とは言わない。

45: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:13:39.83 ID:HrwhXUFW0
>>16
遺伝子の変化が見られるのだから、それには該当しない

50: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:38:34.66 ID:OOWjv+uz0

>>45
いや、優位な遺伝子もったやつが顔面正常で繁殖で人気になった可能性もある。

遺伝子自体の変化はねーよ。
遺伝子の発現頻度が変わることはあるかもしれないが。

81: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 13:41:17.98 ID:HrwhXUFW0
>>50
俺も最初はそれを考えたが、少ない方の可能性を先に持ってくるのは間違いだと思うな
俺は気が付いたが

17: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:37:59.66 ID:5SE9lJFO0
新しい遺伝子を持つ新人類がウィルスを撒いて
ウィルス耐性のない古い遺伝子を持つ旧人類を滅ぼすストーリー

18: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:38:41.13 ID:Jy0d29IG0
20年で4~6世代進む哺乳類で今回の遺伝的適応?が起こったわけで
もっと世代交代の早い哺乳類だと・・・
って考えると色々な夢も膨らむし、同時に恐怖もある

108: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 15:48:06.34 ID:j0RBzZ7x0
>>18
殺鼠剤で死なないどころかそれだけ食べて1年以上生きられるスーパーラットなんてのもいる

19: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:40:23.98 ID:WhYnjiHa0
デビル細胞w

21: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:42:42.89 ID:wjDco06D0
ぼこぼこにしてやんよ【閲覧注意:顔面腫瘍のタスマニアデビル】

22: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:44:13.33 ID:bjO0vc4Y0

自分は、高校の時、生物を選択していた程度の知識しかないんだが、それでも、進化というのは、もっと途方もない時間をかけて、ゆっくり起きるものだと思っていた。事実、シーラカンスなどのように、長年姿を変えない種もいる訳だし。しかし、今回の研究では、進化が急速に起こっている事に驚いたな。

58: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:44:02.44 ID:BJcYzejR0
>>22
ロシアの狐家畜化実験でも10世代も経たない内にほとんど別の生き物かってくらい変化出てるし残す遺伝子選択すれば進化は結構早く起こるんだろうね

92: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 15:03:11.79 ID:9zyyxazZ0

>>22
旧ソ連での狐の累代飼育実験からわかってるのは
進化はたった数世代で急速に広まるってこと

なんで家畜動物と野生動物の間に中間系の化石が残らなかったかという謎が
証明されつつある

26: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:46:17.06 ID:hdZ+xGof0
遺伝子ってさリモートメンテナンス可能になってんじゃねーの?
適者生存にしろ突然変異にしろ四世代ぽっちの自然発生的な変化でこんな都合の良い進化は起きないだろ?
それも一部の個体じゃなくて全体で起きたんだろ?
きっとどっかにデザイナーがいて常にメンテナンスしてるんだよ

27: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:47:53.87 ID:YT0OtQmX0
進化じゃなくて単なる選別だろ、昔からその系列の遺伝子をもった個体だけが生き残っただけ。

28: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:48:17.31 ID:XSv+Yi1lO
頭数激減で近親交配が懸念されてなかった?
悪性腫瘍には対抗できても、絶滅待ったなしなんじゃ

30: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:49:10.05 ID:mGfTdV0nO

噛みつきで伝染するならウイルスだろうけど、そもそもそのウイルスはどこから来たの?
前々から持ってたウイルスが変異して強毒性にでもなったの?

よくわからんな

32: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:50:32.73 ID:1TUx8AnR0
のちの韓国人である

33: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:54:12.39 ID:bjO0vc4Y0

人間でも、このような短期間の進化や適応は見られるのだろうか?

例えば、中世の時のペストや、新型インフルエンザの流行など。

67: !omikuji 2016/08/31(水) 12:53:46.85 ID:/ekHlSfg0
>>33
ウィルスの方が進化して生き残る為に弱毒化してはいくよね。

71: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 13:02:43.80 ID:Y6ltlAjy0
>>33
欧州の人の三割は、ペスト耐性遺伝子

41: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 11:59:30.15 ID:J/kWkX0q0
噛み付きで伝染するというと猫エイズと似ているが猫がエイズ抵抗性に進化とも聞かないし、
おもしろいな。

42: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:03:44.66 ID:MygtFwjc0
でも人間で4~6世代って考えると気が遠くなるよね

47: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:34:18.40 ID:JazoZ8Sx0
進化の最終形態がシン・ゴジラ

52: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:39:32.92 ID:+F9DzPrh0
こんな暑い日はタスマニアでビール

60: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:46:20.64 ID:cC0c4MTY0
恐らく今後人類が最も苦しむことになる病気は死ねない不死病だと思うわ
考えただけでおぞましい

64: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:49:56.16 ID:iErqb6hy0
一度絶滅しそうになってからまた増えたせいで全個体の遺伝子がほとんど一緒なんだよ
全部クローンみたいなもの
だから癌細胞が喧嘩の顔傷から伝染して腫瘍になる

66: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:51:31.59 ID:YOm9U/Bx0
人間じゃ6世代や7世代でそこまで変化するとは思えないな

94: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 15:06:11.76 ID:qOrxb7bW0
>>66
形質は3世代で変化するよ。

68: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:57:18.71 ID:0CQVJjSC0
個体数が十分多いとぱっと出の変異は埋没するから
個体数が激減したときに進化は起こるって通説じゃなかった?

69: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 12:58:20.13 ID:sCXHMMeW0
ポケモンかよ

75: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 13:26:29.10 ID:7BDMbZk10
突然に起こる変異に対して、適応して収斂するか、絶滅するか、それが進化。

76: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 13:30:13.45 ID:sXiNsSeQ0
放射能に適応する人間が日本人から産まれ、だれも住めなくなった世界に繁殖するんですね。
原爆でやられ、中国の核実験でやられ、福島でもやられたんですから。

77: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 13:34:19.72 ID:OOWjv+uz0
>>76
致死量どころか有意に発がん性が上がるレベルの被爆もしてないんだから、
影響しようがない。
むしろ、放射線ガーと言われても繁殖活動や生産活動に影響されない、比較的タフな人に進化するかもしれないね。

78: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 13:35:35.97 ID:1ulYSkfc0
これ進化じゃ無いでしょ
もともとガンに強い個体だけ生き残れただけでしょ

79: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 13:36:09.64 ID:jaNna01n0
ウォンバットとは違うの?

スポンサーリンク

84: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 14:04:29.27 ID:UULU9OkTO
むしろこの最悪な伝染性ガン細胞が生物兵器にされないように、強く監視してほしいよ…
ウィルスじゃないのに行き先の生物に根付いて育つとか怖すぎる

91: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 14:57:31.70 ID:DnlgMwYR0
人間の場合にはガンになるのが遅すぎるからガンになる個体が消滅する前に子孫が残ってしまう

95: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 15:08:51.62 ID:ZBfmdUCX0
人類だってアフリカでエイズに感染しない人とか
エボラの症状が出ない人とかもいるし
進化はいつでもおこっている

96: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 15:11:02.12 ID:mX5557Cu0
いずれ人類もガンを克服できるようになるのかな

102: 名無しさん@1周年 2016/08/31(水) 15:30:06.26 ID:mOEq8ioj0
治療しようとする限り進化は無理じゃね
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

おすすめ関連記事
おすすめ関連記事