【生態系】琵琶湖で日本近海の2倍超のマイクロプラスチック検出

1: ■忍法帖【Lv=10,おばけありくい,cZy】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2016/09/03(土)08:36:16 ID:v6f

海の生態系への影響が懸念されている、小さなプラスチックのごみ「マイクロプラスチック」が、滋賀県のびわ湖でも検出され、日本近海で検出される平均の密度の2倍を超えたところもあり、調査を行った京都大学のグループは、「魚などに影響が出ていないか調査を行う必要があるほか、ごみを減らす対策を検討する必要がある」と指摘しています。

maikuro

※画像は記事と関係のないイメージです

「マイクロプラスチック」は、紫外線や波の力などで細かく砕かれ、大きさが5ミリ以下になったプラスチックのごみで、自然界では分解されない一方、表面に有害物質が付着しやすい特徴があるため、魚などが体内に取り込むと、生態系に影響を及ぼすおそれがあると指摘されています。

京都大学のグループは、ことし6月、びわ湖の6か所で水を採取し、マイクロプラスチックが含まれているかどうかを調べました。
その結果、すべての地点で検出され、最も高かった湖の南部では、1トン当たり6.53個という密度でした。
環境省によりますと、これは日本近海で検出される平均の密度のおよそ2.7倍だということです。

グループでは今後、びわ湖の魚などに影響が出ていないか詳しく調べる必要があるとしています。
グループの代表の京都大学大学院地球環境学堂の田中周平准教授は、「びわ湖には、さまざまな川から水が流れ込み、長い時間、そこにとどまるため、密度が高まりやすい可能性がある。プラスチックごみを減らす対策を検討する必要がある」と指摘しています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160903/k10010666921000.html

スポンサーリンク

2: 名無しさん@おーぷん 2016/09/03(土)09:04:57 ID:0iK
海に比べたら狭いからな。

3: 名無しさん@おーぷん 2016/09/03(土)09:17:19 ID:ULI
合成樹脂の経年劣化は如何ともしがたいもんがあるからなぁ
オレの十年以上乗ってる車なんて下手にエンジンルーム弄ると
あちこちバキバキいく

5: 名無しさん@おーぷん 2016/09/03(土)09:27:09 ID:Hae

>>3
新車で買った車なんですけど、十年ぐらい経ってラジエターの樹脂部分に
ヒビ入り始めたときエンジンかけると、ぴゅーっ、とラジエター液が
吹き出すようになって、最初はアロンアルファの高いやつで応急処置
してたんですが、結局取り寄せて交換しますた。

みんカラ参考にして一応自分でできたんですけど、大変ですから
やめといた方がいいですよ、あれ。

7: 名無しさん@おーぷん 2016/09/03(土)09:42:21 ID:L2I
>>5
投入して永久修理出来る奴あるのにな

8: 名無しさん@おーぷん 2016/09/03(土)09:46:50 ID:Hae
>>7
それも選択肢にあったんですがメカニズムに興味あったもんで
交換したんですよ。楽しかったんですが廃液や古い方のラジエタ
捨てる場所探すのが特に面倒だった。

4: 名無しさん@おーぷん 2016/09/03(土)09:17:51 ID:Hae
化粧品に含まれていると聞いた

6: ■忍法帖【Lv=8,バーナバス,3Pm】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2016/09/03(土)09:33:23 ID:0IN
ウチの突っ張り棒も中のステンレスはもんだいないんだけど、外側のプラスチックが経年劣化(六年目?)で、パキパキこぼれ落ちるようになってきた。
いっそ剥けるだけ剥いたろうかと思う時がある。

9: 名無しさん@おーぷん 2016/09/03(土)09:54:53 ID:o7b
琵琶湖でマイクロプラスチックを完全に除去する技術が確立したら
どこでも通用するかな
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

おすすめ関連記事
おすすめ関連記事